キノカフェ紹介

生産者・生産過程の分かるクリアな農業

 

 

キノカフェは有機肥料・無農薬の栽培農場

 

女子ひとりでも農業できるはず!
と、2003年に思い立ち、畑でカフェしよう!というコンセプトから、キノカフェをはじめました。
テーマは楽しくおしゃれに農業!です。
作っている作物は主に野菜、小麦などです。一般的なスーパーでよく目にするじゃがいも、たまねぎ、トマト、なすのような野菜から西洋野菜まで幅広く栽培しています。農薬、化学肥料は一切使用していません。

キノカフェのロケーションは山梨県北杜町白州町。八ヶ岳の麓のとても小さな田舎町です。
名水百選に選べれた南アルプス天然水をたっぷりと野菜に与た、環境の良さを最大限活かした野菜づくり。
安心で美味しい、自然たっぷりの野菜を丹精込めてあなたの元へお届けします。

 

キノカフェ野菜生産者の紹介

井波希野

井波希野 (いなみきの)

 

恵泉女学園短期大学園芸生活学科を卒業後、
スイスで1年の農業研修しそこで農業に目覚めました。
地元山梨県にて新米農家としてスタート。

今年(2012年)でキノカフェも9年目となりました。